アメリカで肩の石灰沈着治療

アメリカ生活

 

 

 

ニューヨークに居た時の出来事なので少し前の話になりますが、

1年以上悩まされている右肩の痛みを解決するべくOrthopedic(整形外科)に行ってきました。

 

 

 

 

プライマリーケア受診

 

 

右肩の痛みは1年以上前からで、動かすと不意打ち的にシャープな痛みが走ります。

 

整形外科受診のためには紹介状を発行してもらわないといけないので、

まずはプライマリーケアを受診。

 

 

病状を説明して診てもらったところ、肩の腱鞘炎かもねと言われ、

専門医に診てもらう必要があるから、

私の持ってる保険でカバーされる医者を探して紹介状を発行してもらいました。

 

 

早速整形外科の予約状況を確認しましたが、

最速でも空きがあるのは1ヶ月以上先の12月下旬でした><

 

 

 

 

Orthopedic(整形外科)

 

 

紹介状発行から待つこと1ヶ月以上、

ようやくOrthopedicに行くことができました。

 

初めに3パターンの角度からX線を撮ってドクターの診断。

 

ドクターの見解では、X線から見る限り、

肩の腱が石灰化しているかもしれない(calcium deposits  石灰沈着) 

それが痛みの原因かもと言われました。

 

 

もしくは腱が少し破れている可能性もあり、それが痛みの原因かもと。

それはMRIで詳しく見てみないとなんとも言えないとのこと。

 

 

 

まずはコルチゾン注射(cortisone)を打って様子をみましょうとなりました。

 

この注射をそこそこ分厚い針で肩にブスッと刺され、結構痛かったです><笑

 

MRIとフィジカルセラピーの予約もしたかったのですが、予約がいっぱいで

この2つに関しては、フロリダに行ってから対応するしかないねという結論に。

 

とりあえず メロキシカム という炎症止めの薬を1ヶ月分処方してもらって、毎朝1錠飲みました。

 

 

 

おかげさまで? 

1年半経った今では完全に肩の痛みが消え、普通に生活できています!!

 

 

 

関連リンク

 

 

アメリカ生活お役立ち記事リンク集

 

 

 

・アージェントケア

 

 

・歯医者

 

 

・親知らず

 

 

・小児眼科

 

 

 

 

 

 

 

コメント