新型コロナウイルス 我が家への影響 アメリカ生活

アメリカ生活

 

 

コロナウイルスが我が家に与えた影響をまとめてみました。

 

 

 

仕事

 

 

妻はディズニーワールドで勤務しておりましたが、

パークが 3月14日 にクローズされたことにより 

妻は自宅待機となりました。

 

 

その後、ディズニーの方針で 4月18日 までの給与支払いが決定し、

実際に給料を受け取りました。

 

 

4月19日からは Furlough(一時帰休)となり、

ディズニーより給与の支払いも停止となりましたが、

籍は残り、健康保険等 福利厚生の会社負担は引き続き継続されています。

 

 

現在フロリダ州の経済活動は段階的に再開されつつありますが、

ディズニーをはじめテーマパーク再開の目処は立っておりません。

 

 

 

私のほうは、日本の会社からの業務委託契約、在宅ワークをちょろっとやっておりましたが、

それも日本で緊急事態宣言が発令されたことでお仕事の受注も一旦ストップとなってしまいました💦

もともと大した収入ではありませんでしたが😅

 

 

 

 

 

各種支払

 

 

収入がなくなったことで月々の固定費支払いがキツくなってくるのでは!?

と不安になりました。

 

特に不安なのは家賃の支払いです。

 

 

アメリカ全体がこのような状況になってしまったので、

いくつかは支払猶予になりました。

 

妻の奨学金返済と車のローンは今の所2ヶ月猶予してもらっていて、

交渉次第でもう少し伸びるかもしれません。

 

 

収入がなくなった中で多少なりとも出費が減ったのは大きいです。

 

 

家賃、ネット代、光熱費等は引き続き払ってます。

 

 

 

 

 

アメリカ政府からの給付金

 

 

 

収入がなくなった我が家ですが、ニュースでも報じられたとおり

アメリカ政府より大人1人につき$1200、子供1人$500の現金給付が決定しました。

 

 

我が家も給付対象となり、

 

2020年4月30日付で口座に振り込まれました!!

 

 

 

アメリカ市民だけでなく、ただのGCホルダーでしかない私の分まで貰えるのは凄い👍

大人一人 $1200×2 + 子供一人 $500

我が家は娘一人なので

合計$2900(約30万円)はありがたいです🙏

 

 

 

 

失業保険

 

 

4月19日から妻は Furlough(一時帰休)となり、

ディズニーより給与の支払い停止となりました。

 

それによって失業状態となったのでフロリダ州へ失業保険の申請をしました。

正確にはディズニーが代理で申請をしてくれました。

 

 

たくさんの人が一気に申請したことでシステムがダウンし

給付にも遅れが発生してましたが、申請から1ヶ月後の

 

5月19日と20日に振込がありました!!

 

 

 

本来なら連邦政府より週$600、フロリダ州より週$247の給付がある予定ですが、

ご覧のようにまだ1週間分ほどしか振り込まれてないので、まだまだ給付が遅れています。 

 

 

 

 

品薄&買い占め問題

 

 

コロナ騒動が始まった頃はフロリダでも水・トイレットペーパー・消毒用品・ガソリン等

品薄になり手に入りづらい状況になりました。

 

最寄りの Publix ではトイレットペーパー・サニタイザー等売切のものもありましたが、

基本的には普通に買うことができました。

 

最近は落ち着いてきてトイレットペーパーもウォールマートでは店頭に戻りつつあります。

 

 

 

 

まとめ

 

 

とにかく一日でも早く騒動が収まって

妻も仕事に復帰して、私も在宅ワーク再開して収入が入ってきてほしいです。

日常生活に戻りたいです😢

 

 

収入が無い以上、とにかく出費を抑えたいので外出とかテイクアウトとかもできそうにないです。

必然的にまだまだ家にこもっての自粛生活継続です。

 

 

 

 

関連記事

 

 

オーランド生活(アメリカ生活)お役立ち記事リンク集

 

 

 

 

コメント