Credit Union(信用組合)で口座開設

アメリカ生活

 

 

 

先日我が家ではクレジットユニオン(信用組合)の口座を開設したので、経緯や詳細について書いておきます。

 

 

我が家の大手銀行について

 

アメリカでの生活において必須なものの一つとして銀行口座が挙げられると思います。

そして皆さんは大手銀行で口座を開設しているかと。

 

我が家も例外ではなく口座を持っています。

 

いくつか有名な銀行はありますが、そのうちの一つ

 

バンク・オブ・アメリカ

 

を使っています。

 

 

 

この銀行にした理由は、

現在住んでいる街に支店があるのはこの銀行のみだから という単純な理由です笑

 

給料受取とか何かあったときに支店に行けるのが便利だなと開設当初は思っていました・・・・・・・・が

 

 

半年くらい使っていく中で徐々に不便だなぁ〜と感じることが多くなってきました。

 

 

・バンク・オブ・アメリカ が嫌いな理由

 

①キャッシャーズチェック等の手数料高い

日本領事館での領事サービス申請料支払いで何回かキャッシャーズチェックを使用しましたが、

発行するのに$15〜20手数料取られたり、口座維持手数料取られたり、

カード再発行手数料取られたり、何かに付けて手数料を取ってきます。

 

②銀行員との予約は2週間前

支店で何か手続きをしたくてもすぐには出来ずに、最低2週間前に予約を入れなければいけませんでした。

 

③妻のカードはATMカードで再発行後もATMカード送ってきた

ここ半年ほど妻のカードだけ使えない現象が起きてて、なんでだろうね〜って話をしていましたが、

とある場所の店員にATMカードだよという指摘を受けて、

デビットカードと思って使っていたものが実は最初の契約時に受け取った時からATMカード

(ATMでの引き出し時のみ使用可)を渡しやがってました><

 

しかも筆頭名義は私ではなく妻なのに私のカードは普通にデビットカードでした苦笑

早速デビットカードを送ってと申請したものの再発行手数料取るわ、

再度ATMカード送りつけてくるわ、

再再申請のカードは未だに送られてこず、もうめちゃくちゃです笑

 

 

 

④Saving account の利息が大したことない

Savingにもある程度預けているのですが、毎月の利息が 1¢ と日本と変わらないです笑

アメリカのほうがマシかなと思ってましたが全然そうでもないです。

 

 

⑤チェックが無い、他行からのチェックの振込入金反映に時間が掛かり過ぎ

アメリカの銀行についてあまり知りませんでしたが、

妻によると今どきチェックを出さない銀行なんてあるのか!!

と憤ってました。

 

更に他行からのチェックでの振込受取にも日数が掛かり過ぎ(12日掛かりました)

これにも憤ってました。(通常は即日〜数日程度だそうです。)

 

大手の一つがこんな感じなので、

アメリカの銀行はどこもこんなクオリティなんだろうなと推測してしまいます。

 

 

皆さんはどちらの銀行を使ってますか?

クオリティには満足していますか?

 

 

 

 

クレジットユニオンとは

 

そんな感じでバンク・オブ・アメリカに不満が募る中、

クレジットユニオンという存在を知りました。

 

 

 

クレジットユニオンとは

・一定の条件を満たした人のみメンバーになれる(特定の地域に住んでいる・特定の会社に勤めている等)

・クレジットユニオンメンバーのボランティア取締役によってローカルで運営されている

・メンバーの利益を優先

 

・非営利団体のため利益はメンバーに還元

・低い金利でローンを組める

・高い利率で預金できる

・手数料が安く、無料のサービスが多い

といったメリットがあります。

 

 

 

 

一方の銀行は、

・雇われた取締役が運営

・株主の利益を優先

・営利団体のため利益は株主に還元

 

利用者=株主では無いため、

必ずしも利益を全て得られるわけではありません。

 

クレジットユニオンと銀行の間には以上のような違いがあります。

 

 

 

今回我が家が感じたのは、

銀行は富裕層向け

クレジットユニオンは中間層・低所得層向け

ということです。

 

我が家にとって銀行のサービスは意味のわからないものが多すぎ、

クレジットユニオンのサービスに有り難みを感じます。

 

 

 

 

 

我が家はもともと妻がニューヨークに住んでいた時代から

長年クレジットユニオンをメインで使用しており、

特に問題なく使えていたのでクレジットユニオンに対して良いイメージがありました。

 

 

ちなみにこちらの↓

Hudson Valley Federal Credit Union  ハドソンバレーフェデラルクレジットユニオン

をニューヨークでは利用していました。

ニューヨーク州のポキプシーをはじめとしたハドソンバレー地域のクレジットユニオンのようです。

 

 

 

ディズニーのクレジットユニオン

 

オーランド地域でもクレジットユニオンを探してみようということになりましたが、

一番身近な存在がすぐに見つかりました!!

 

それは妻の勤務先でもあるディズニーのクレジットユニオンです。

 

正式には Partners Federal Credit Union といいます。

 

 

このクレジットユニオンのメンバーになれる条件は、

ディズニーの従業員とその家族のみ です。

 

 

オーランドには支店が3ヶ所ありますが(他はカリフォルニアにも)

そのうちの一つで早速予約を取り、説明を聞きに行きました。

 

 

 

対応してくれたメンバーの方はとても親切に対応してくれて

(ディズニーの一部というだけあって接客はディズニークオリティ)

 

この組織に対して良い印象ができたので入会&口座開設を決めました。

 

 

入会の決め手としては

①様々なサービスがディズニークオリティ

接客から特典やらいろんなことがディズニークオリティで安心感があります。

また、手数料無料のサービスがほとんどです。

 

②利息がバンク・オブ・アメリカよりも良い

口座の種類がいくつかありますが、利息はバンク・オブ・アメリカより全然いいです。

 

③クレジットカード審査通過要件が緩いこれについては別記事を書く予定です。

アメリカに来て以来、

ずーっと自分名義のクレジットカードを持ちたいと思っていますが(所々の条件により動き出せず><)

ここのセキュアカード発行要件は比較的緩いので

クレジットカードを持てるまでの道のりが短そうだなと感じました。

 

 

④全国ほとんどのATMで現金の引出しができる

銀行だと、その銀行のATMしか使えないことがほとんどだと思いますが、

PartnersのカードだとほとんどのATMで引出しできます。

急に現金が必要になった場合に便利だと思いました。

 

 

 

これらが主な理由です。

 

 

ちなみに入会特典でライオンキングのシャツをもらいました笑

 

早速説明を受けたその場でChecking&Savingを開設しました。

オンラインバンキングも設定し、

バンクオブアメリカとハドソンバレーの口座をPartnersと紐付けし

簡単に資金移動できるようになりました!!

 

 

 

更に後日Investments部門でカウンセリングをしてもらい、

今後の展望も見えてきました。

 

 

ある一定金額をSavingに貯めることができれば

Money market account というものを開設することができ、

株や金融市場への投資ができます。

更にこのアカウントは普通のSavingよりも利息が高くなります。

 

 

 

さらにその上の一定金額まで貯れば、

別の Investment account も開設することができます。

このアカウントはPartnersから委託された外部の投資会社が運用する商品に投資ができます。

投資の選択肢が増えリスクも増えますが、ある程度リターンも大きくなる可能性があります。

 

 

日本では口座に入れてお金を眠らせておくだけというのが一般的ですが、

アメリカでは手元の資金を投資に回し更に資産を増やすという考えが一般的です。

 

 

 

我が家は妻の学生ローンの返済がまだ残っており、

娘の教育資金・私と妻の老後資金不安と、

お金はいくらあってもありがたいので、

これからコツコツ地道に賢く投資をしてお金が増えればいいな〜なんて思っています。

 

 

ここ数週間我が家ではクレジットユニオンの手続きをしていましたが、

知れば知るほど大手銀行と比べてメリットしかないと感じているため、

 

皆さんもお住まいの地域でクレジットユニオンを探してみて

どういったサービスを提供しているのか調べて

切り替えを検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

関連リンク

 

 

アメリカ生活お役立ち記事リンク集

 

 

 

・オーランドの物価・生活費

 

 

・ロビンフッド

 

 

・トランスファーワイズ

 

 

・FBARについて

 

 

 

 

 

コメント