WIC program(ウィック)を申請してみた

アメリカ生活

 

 

アメリカでは妊婦や赤ちゃんへの十分な栄養を摂るために、

食料を補助してもらえる WIC (ウィック)というプログラムがあります。

 

 

今回はこのプログラムについてです。

(我が家の場合・フロリダ州では という前提なので参考程度にお読み頂ければと思います。)

 

 

このプログラムを知らなかった方、

経済的な理由で子供はもう少し待とうかな・・・・・

と思っている方へ

 

 

少しでも参考になれば嬉しいです。

 

 

 

申請資格

 

 

こちらのサイトから申請資格に該当するか確認できます。

 

WIC PreScreening Tool

 

 

基本的に共働きではなくシングルインカムであれば通るのではないかと思います。

 

 

大体の収入の目安は以下のサイトに表が載ってますのでご参考までに。

 

 

WIC - American Pregnancy Association
The Women, Infants and Children’s program (WIC) is a supplemental food and nutrition program for pregnant women, new moms and children under 5yrs old.

 

 

ちなみに夫婦と子供1人の3人家族でしたら週の収入が$700以下であれば補助の対象になりそうです。

 

 

 

申請方法

 

 

申請に必要な書類は以下になります↓

 

 

・母親の身分証明

・1ヶ月分の所得証明(妻の給与明細を1ヶ月分プリントアウトしました)

・娘の出生証明

・住所を証明できるもの(免許証等)

 

事前にWICのローカルオフィスに電話して申請の予約をします。

申請当日は予約時間にオフィスに向かいました。

ちなみに我が家の最寄りは以下のオフィスでした。

 

Florida Department of Health in Osceola County | Florida Department of Health in Osceola

 

 

到着すると既にたくさんの申請者で溢れかえっており予約の意味ないなぁ〜と思いました苦笑

さすがアメリカ・・・・

 

 

30分くらい待たされ、ようやく我が家の出番に。

 

 

最初に申請書類のチェックがあり、

次に母親である妻の採血(血中の鉄分を調べる為?という説明をされました。)

 

 

次に栄養士?的な人と面談がありました。

 

最後にWICカードと制度の説明。

 

 

書いただけだとサラッと終わった感じに聞こえますが、

全部終わる頃には結局2〜3時間掛かりました。

 

この間、基本的に父親の出る幕はありませんでした苦笑

 

 

 

補助対象商品

 

肝心な補助対象食品ですが、以下のようなものが対象です。

*1ヶ月に購入できる量やメーカーなどが細かく決められています。

 

ミルク・牛乳

チーズ

ヨーグルト

豆乳

ピーナッツバター

えんどう豆やレンズ豆等の豆類

缶詰の魚

豆腐

ベビーフード

乳児用フォーミュラ

乳児用シリアル

朝食用シリアル

全粒トルティーヤ

全粒パン

玄米

全粒パスタ

100%フルーツジュース

野菜や果物

など

 

 

 

 

 

実際に購入

 

後日最寄りのPublix(スーパーマーケット)に行き、

母親補助分(母親補助の期限が4月末で終了の為)商品と赤ちゃん商品を上限まで購入しました。

 

購入したのは↓

シリアル数種類

豆乳 3パック

チーズ 2種類

$12分のフルーツと野菜(上限が$12までなので)

ジュース

フォーミュラ 10缶( Enfamil Infant 12.5oz  ブランドと容量指定)

全粒トルティーヤ

 

を購入しました。

 

 

 

商品を通常のようにカゴに入れレジに持っていき、

最後の会計時支払い前にWICカードを通すと対象商品だけ除外された値段がレジに再表示されます。

 

 

結果的に、$110 もの割引になりました!!

これは本当に家計には助かります。

 

 

 

最初の申請が多少めんどくさいですが、

そうする価値があるくらいの補助を結果的に受けられているので・・・・・・・・

 

妊婦にも補助があり、妻は出産から6ヶ月後までが補助の対象になります。

10月に出産しましたが、申請したのが4月なので実質1ヶ月のみの補助でした。

 

5月以降は母親分の補助は終了しますが、それでも娘の補助は1歳になるまで続き、

残り6ヶ月間はフォーミュラ(指定ブランドを1ヶ月7缶まで補助対象)・ベビーフード(128onz分)・ベイビーシリアル(24onz分)等は買えるので本当に助かります。

 

フォーミュラはブランド指定されてしまい、今まで飲んでいたものとは変わってしまいましたが、

味にさほど変わりはないのか特に問題なく変わらず飲んでくれています。

 

この補助のおかげで日々の生活での赤ちゃん用品でお金が掛かるのが実質おしり拭きとオムツ代のみになりました!!

 

州によって補助内容等違いが出てくることもあるかもしれませんが、

フロリダ州で我が家の収入レベルでは、上記で述べたような補助が受けられています。

 

 

 

 

 

 

 

2019年6月4日 追記

 

 

無事にWICプログラムの審査が通り補助が始まった後は、

数ヶ月に1回オフィスに行く必要があります。

 

 

4月に申請が通りプログラムの利用を開始し、

2ヶ月後の本日6月4日にWICカードのアップデートをするために

オフィスへ行ってきました。

 

 

カードのアップデートをしてもらうと、

また月々の補助を受けられるようになります。

 

 

これはおそらく制度の悪用を防ぐための定期チェックと思われます。

アップデートには妻のIDのみ提示ですんなりアップデートしてくれました。

 

 

次回の定期チェックは3ヶ月後の9月です。

 

 

オフィスまでは片道35分掛かり、オフィス滞在時間は5分以下でした。

なんとかオンラインでアップデート手続きできないものかとは思いますが、

ともあれ引き続き補助を受けられるのは助かります!!

 

 

 

 

2019年10月11日 追記

 

9月のチェック時もオフィスに行く予定でしたが、

予約日にちょうどハリケーンの直撃予想が重なり  ハリケーンの記事

行けなそうだな〜と思っていたら、WICオフィスからテキストが届き、

今回はハリケーンでオフィスに来るの大変だろうと思うからこっちで更新手続きしておくから〜

的な内容でした。

 

 

アメリカらしからぬフレキシブルな対応にビックリ 笑

更にWICカードもちゃんと更新されていて、9月分の補助も問題なく受けれました。

 

 

 

そして10月入ってすぐにまたWICオフィスに行きました。

 

今回の訪問は娘が12ヶ月目になるということで今までのカード更新のみとは少し違いました。

 

と言っても娘の血液検査のみで、幸いにも数値に問題はありませんでした。

検査に問題なかったので無事に10月分の補助も受けられるようカードの更新ができました。

 

次回の13ヶ月目のチェック(10月下旬にオフィス訪問予定)で、

1番最初に申請したときと同じような書類の提出(住所証明・収入証明)を求められ、

審査の結果 娘が1歳を過ぎてからも引き続きWICの支援が継続か止まるか判定されるそうです。

 

妻の見解では我が家はシングルインカムなので、引き続きの支援があるだろうと。

 

仮に支援がストップしても、今は家計が少しだけ落ち着いたので深刻な危機になることはなく、

今まで十分にWICには支援してもらったので問題はありませんが。

 

 

次回は13ヶ月目のチェックが終了次第更新予定です。

 

 

 

 

 

コメント