娘6ヶ月を迎えて

アメリカ生活

 

 

 

先日娘が生後6ヶ月を迎えました!!!!

産まれてからこの半年を簡単に、

また日頃使用している必需品についてまとめてみました。

 

 

 

 

生後〜3ヶ月まで

 

 

 

出産時の様子はこちら

 

 

生後4日で いきなり黄疸になり入院しました。

 

その時の記事はこちら

 

 

 

その後は特に問題も無く元気に成長してくれました。

 

ミルクは1日7〜8回で1回の量が1〜2onzくらいだったでしょうか。

 

2ヶ月検診で予防接種 4種類打たれ、

ミルクは4onzを毎日5〜6回飲んでたでしょうか。

 

最初の頃は3時間おきに授乳で起きる生活でしたが、

2ヶ月・3ヶ月くらいになると夜通し寝てくれるようになったので、だいぶ助かりました。

 

 

3時間おきに起きる生活もキツかったですが、

続けていれば身体は慣れてくるものでそんなに苦痛でもありませんでした。

 

 

 

 

 

 

3〜4ヶ月

 

 

 

この頃には毎回のミルク6〜8オンスの間で一日4〜5回になりました。

 

4ヶ月定期検診では、

フロリダに移ってから初めての小児科でした。

15Pound 26インチでした。

 

背は平均よりも高く、体重は平均を下回って細いと言われました。

特に健康状態に問題は無く、そろそろ離乳食を始めてみてもいいとのこと。

 

 

まずはフルーツコンテナのステージ1から始めましたが、

さすがに早すぎなのか興味を示さずダメでした。

 

 

産まれてから2回目の予防接種もありました。 

2つの注射ともう一つは口から液体を飲まされてました。

前回ほどは泣きませんでした。

 

 

 

5〜6ヶ月

 

 

5ヶ月半の時点で初めて離乳食を食べました!!

 

2さじくらいからスタートして、

バナナ・アップル・洋梨・人参・さつまいも・かぼちゃ等

幅広く食べさせてみました。

 

 

 

最初は野菜あまり食べてくれませんでしたが、

慣れてきたら普通に食べてくれるようになりました。

 

6ヶ月になると1日2食で計2コンテナ(4onz)くらい食べるようになりました。
+ミルクは6〜8onzを3回です。

6ヶ月定期検診では体重17Poundsでした。

ベイビーフードはステージ1から2への移行が許可されました。

これで緑野菜やお肉、新しいフルーツにも挑戦できます!!

 

ここ数日お尻周辺が赤くなってきたのでドクターにみせると、

カンジタの可能性があるとのことでクリームを処方されました。

このクリームを1日4回塗るの忘れないようにとのこと。

 

クリームをぬったおかげか、だいぶ症状が良くなってきました!

 

次回は9ヶ月検診を予定しています。

こうやって書くと本当にあっという間に時間が過ぎていってます><

 

最近はクルクル寝返りを打って移動するのが得意になり、

一層目が離せなくなりました。

 

 

少し大きめのフェンスを買ったので、その中で遊ばせようと思ってます。

→ 実際に遊ばせてみたら今の所気に入ってるようです。

 

 

 

 

 

必需品

 

 

赤ちゃんのお世話をするにあたり、

毎回必ず使う必需品がそれぞれのご家庭にあるかと思いますが、

我が家がアメリカで使っているものをご紹介しようと思います。

 

 

それぞれ使用感の好みがあると思いますので、参考程度にどうぞ。

 

 

・オムツ

パンパース

HUGGIES

 

の2択で間違いないと思います。

 

 

両社ともクオリティは同じくらいで満足できますが、

Huggiesの方が少し値段が安いので、

我が家はHuggiesを使ってます。

しかも最近うつ伏せで寝るようになったからか、

朝にはオムツが決壊して後処理が大変になりどうしようかと

思って、HuggiesのLittle moverタイプに替えたところ、

決壊しなくなりました!!

 

私的にはHuggiesが1番です!!!!

 

 

 

Luvs

 

というリーズナブルなブランドもありますが、

値段相応というか、

すぐに漏れてきてしまい後始末が大変になるので

あまりオススメしません。

 

オムツに関してはAmazonで大容量サイズをまとめ買いすることが多いです。

 

 

 

・フォーミュラ

 

フォーミュラの一番最初は

Similac advance

を使ってました。

StrongMoms reward program

というのに妻は参加してました。

 

 

このプログラムに参加するとフォーミュラのフリーサンプルや

毎月クーポンが送られてきたりするので、

まだSimilacを買ってた時は助かりました。

 

 

途中からWICプログラム

 

に参加したのでEnfamilに変えました。

 

・ベイビーフード

 

ベイビーフードはスーパー等の店頭でよく見かける

 

このブランド

 

を使ってます。

 

 

 

今のところ このブランドしか使ってませんが、

特に不満も無く、

娘も普通に食べてくれます。

 

私もたまに味見をしますが、普通に美味しいです笑

 

 

 

・ワイプ(おしり拭き)

 

おしり拭きは断然Huggies

 

Huggies® Baby Wipes - Hypoallergenic & Alcohol-Free Wipes
Huggies Baby Wipes free of harsh chemicals. Huggies uses wipes that gently clean your baby's skin.

 

 

が一番!!!!

 

 

 

 

他のブランドだと使う時に何枚かまとまって出てしまいますが、

Huggiesは一枚ずつしっかり別れて取り出せるのでとても便利です。

少し高いところが欠点ではあります。

 

 

 

我が家では最近CVSブランドに変えましたが、

そこまで不満は無いので、節約の観点でCVSブランドが定着してます。

 

 

 

 

 

 

これらの必需品はだいたいCVSで毎回クーポン使用で購入してます。

 

 

 

CVSの会員になると、毎週のようにクーポンが発行され赤ちゃん用品のクーポンもいろいろあります。

 

CVSの割引を使うと、毎回結構な値引きになりCVSは重宝しています。

40%割引とか結構な頻度であります。

 

 

 

日本で子育てしたことないので単純な比較はできませんが、

アメリカではWICプログラムのような子供の補助が意外としっかりしており、

CVSのクーポン等と上手く併用していけばオムツやミルク代は毎回割引で購入できるので、

育児代は思ったより掛かっていません。

 

 

 

デイケアに預けるとなった場合は別ですが、

両親の片方が家で面倒をみる場合は本当に意外とお金は掛からないものです。

 

 

 

 

以上、この半年の育児で気付いたことをまとめてみました。

 

 

 

 

コメント