渡米準備

渡米準備

 

私が渡米への準備としてしたことを書いておきます。

 

ペットの引き渡し

 

我が家では奥さんが大阪に住んでいる時から約3年、同棲してからも世話してきたミシシッピアカミミガメを飼っていましたが、さすがに移住時にアメリカへ持って行くのは難しい為、不本意ではありますが5月に伊豆のizooという動物園に引き取ってもらいに行きました。

 

 

 

テレ東の「池の水を抜いたら」が2人とも好きで、この番組を通して外来種の亀を引き取ってくれるこの動物園のことを知りました。

 

 

iZooの最寄り駅の河津駅までは品川から踊り子号で行き、そこからiZooまではタクシーで5分・片道1100円でした。

 

券売所で亀の引取依頼の旨を伝えると、同意書を書いて引き渡し完了になります。

 

 

 

 

一生懸命世話してきて、愛着のあるものでお別れの時は悲しかったですが、無事に引き取ってもらい、今後は  たくさんの仲間達と共により良い生活を送ってくれるでしょう。

 

その後園内を少し散策し、たくさんの亀や爬虫類が観れ、結果的に楽しい日帰り旅行になりました。

 

 

 

園内にはiZooが各地から引き取った

ミシシッピアカミミガメ専用の池がありました。

 

 

 

 

 

ぬいぐるみの供養

 

奥さんの趣味? の一つとして、動物やディズニーキャラクターのぬいぐるみ集めがあり、その中の一つに友人から貰った 結構古くて大きいミッキーのぬいぐるみがありました。

 

ミッキー以外のぬいぐるみは全てフロリダ行きの段ボールへ入れたのですが、

ミッキーだけはもう古すぎて、大きすぎて、アメリカ行きの荷物には入れたくないとのことで処分方法を検討することにしました。

 

ただ捨てて罰が当たるのも嫌なので苦笑 
(人形やぬいぐるみを粗末に扱うと罰が当たるというのは意外と聞くので)

 

ちゃんと供養してもらえる場所をネットで探しました。

 

探してみると有名なお寺や神社が何箇所か出てきましたが、お墓が松戸にあり、お盆のお墓参りの時に、ちょうど近くにぬいぐるみ等の供養をしてくれる本光寺というお寺があったのでついでに訪問しました。

 

本光寺

 

申込みは、ネットで予約して、当日予約時間にお寺に行くだけなので意外と楽に手続きできます。

当日は、受付で予約した旨を伝えるとサイズを測ってもらい代金を払います。

(ちなみにクレジットカードも受け付けてました。)

 

今回のミッキーのぬいぐるみですが、サイズが100cm近くということもあり、7000円もしましたが><

翌朝に魂抜きをしてお焚き上げをしてくれるそうです。

罰が当たって何か変なことが起こるよりかはいいと思うので、適切に処理ができてよかったと思います。

 

 

業者選びと見積り

 

8月一杯で東京のアパートを引き払いましたが、大半の荷物を移住先のフロリダへ送ることにしました。

荷物を送るまでの流れを書いていきます。

 

 

 

業者選びですが、他のブログも参考に、また自分なりに5〜6社ピックアップしてダンボール30箱で見積りを依頼しました。

その中で一番安く、他のブログでも割と評判が良かった、「エース物流サービス」さんにお世話になることにしました。

エース物流サービス

 

他の業者は大手も含めてほとんどがありえないくらい高額な見積りで、かなりふっかけられました。

 

事前に担当の方とメールでだいたいのやりとりをして、荷物の引取日を決め、引取日までに梱包用のダンボールを必要なだけ送ってくれます。

 

事前に自分で梱包する場合は、どの箱に何を入れたか、箱の中身と内容物の個数をメモしておくと後でPacking listに記入する時や保険金額を割り振る時に楽になります。

 

 

 

荷物引き渡し当日

 

当日は感じの良い作業員2人が時間通りにちゃんと来てくれました。

 

また全体の梱包物をざっとチェックして、食器等の壊れ物には取扱い注意のラベルを貼ってくれました。

 

 

結果的に段ボールは合計20箱になり、プラス3750円で30万円分の保険が付けられるとのことでした。

そこまで超重要な物は入れてないのですが、念のために保険を掛けました。

 

20箱に30万円分の保険金額を割り振って、大事な物には少し高めに、そこまで重要じゃない物には割と低めに値段を設定しました。

 

 

ここまでが当日のおおまかな流れです。

 

まとめ

 

気になるお値段のほうですが、段ボール20箱で21万、プラス保険3750円で合計213750円になりました。

それなりの値段になってしまいましたが、それでも他の業者と比べてもだいぶ安いです。

 

我が家の場合は、1月頃にオーランドに荷物が到着するように日本から発送してほしいという希望を出しており、

その場合の日本での保管料が1ヶ月5000円掛かるようなので、発送時期によっては1〜2ヶ月の保管料もプラスされるかもしれません。

 

支払い方法に関しては、引取日当日の現金払い・銀行振込・もしくはクレジットカード払いが選べますが、クレジットカードの場合、支払い手数料として別途4%掛かるようなので、銀行振込での支払が一番良いのかなと思います。

ちゃんとオーランドに荷物が届いたかどうかは、その時にまた続編を書きたいと思います。

 

 

 

コメント