オーストラリアワーホリ 2年目

オーストラリアワーキングホリデー

日本語教師アシスタント

2年目のワーホリ一発目にやったのは、現地の小学校での日本語教師アシスタントです。
正直人に教えたり教育に携わっていくのはあまり興味がありませんでしたが、オーストラリアは日本語教育が盛んで、アシスタントなら経験するだけなら良い経験になるだろうと思い、とりあえず挑戦してみました。

一番最初は、掲示板でアシスタントの募集を見つけ、日本人の先生にコンタクト。
すぐにアシスタントとしての採用が決まり、2011年4月から7月上旬までの約3ヶ月間(1Term)ボランティアでアシスタントの仕事をすることになりました。

住む場所はちょうど学校から自転車で10分〜15分くらいのところに日本人とフラットシェアできるところがあり、そこで3ヶ月間住んでました。
なので毎日自転車で学校まで通ってました。

仕事は毎日5〜6コマの日本語の授業が各学年毎にあり、(日本で言う幼稚園年長〜小学6年)その授業ごとの教材準備や事務作業、その他学校行事の補佐等が主な仕事内容でした。

最初は子供達に受け入れてもらえるか不安もありましたが、みんなフレンドリーですぐに馴染むことができ、3ヶ月はあっという間に過ぎていきました。

 

各クラス最後に皆の寄せ書きが書かれた色紙をもらい、集合写真を一緒に撮ってお別れしました。
この写真と寄せ書きは今でも大切な思い出になってます!!

アシスタント期間中の土日・休日は、シティまで足を伸ばして友達とあったり、カフェ巡りをしたり、オーストラリア1番人気のスポーツ「フッティ」観戦に行ったりとリラックスして過ごせました。
(ちなみに私の1番好きなフッティチームは、セントキルダセインツです!!)

 

 

フッテイの写真

 

 

日本食レストランでのアルバイト

日本語教師アシスタントの次は、日本食レストランでの調理補助アルバイトをしました。
こちらもネットの求人で募集を見つけ、すぐに採用が決まりました。
2011年7月から12月まで働きました。

仕事内容は調理補助が主な仕事で、仕込みもありました。
日本食のTake away shopと表現したほうがしっくりくるのかもしれませんが、おにぎり・たこ焼き・寿司ロールの他、店内にも飲食スペースがあり、天丼・カツ丼・カレー・うどん等も食べることができる場所でした。

朝市におにぎりをひたすら握ったり、仕込み作業。
営業が始まってから、天ぷら揚げたり、カツ丼作ったりとお昼時中心に忙しく働いてました。

おかげさまで料理の豆知識もだいぶ教えてもらったし、包丁さばきも上達して、他の従業員も良い人たちばかりで楽しく働くことができました。

ランチもディナーも賄いが提供されて、食費の面ではだいぶ節約になりました。
時給も日本よりだいぶよくて、13〜15ドルで働いてたので貯金かなりできました。

ただ現実として日本人がローカルな環境で英語を使ってバリバリ働くのは難しい現実があり、私自身も結局日本語環境の日本食関係の職場に落ち着いてしまいました。

ローカルな環境(地元のカフェなど)で働くことができていればいろんな面でもっと経験値が上がったのかなぁと感じました。

 

全豪オープン

12月にアルバイトを辞めて、帰国直前の最後の思い出作りにテニスの全豪オープン観戦で会場に毎日通ってました。

スポーツ観戦好きでしたが、テニスは初めてで面白いのかなと思いながら観戦をしたのですが、錦織の快進撃もあり、彼が勝ち進むに連れてテニス観戦もどんどん面白くなりました。

一回戦でフランス選手、二回戦で地元オーストラリア選手、三回戦でフランス選手、四回戦でフランスのツォンガを破り、メインコートの準々決勝マリーには惜しくも敗れてしまいましたが、毎回観戦できて良い思い出になりました!!

これをきっかけに東京での楽天オープン優勝の瞬間もスタジアムで観れたり、デビスカップも観に行ったり、すっかりテニスが観戦大好きなスポーツの一つになりました。

あと、どんなスポーツも、現地のスタジアムで実際に観戦するのは雰囲気も最高で楽しめますね。

 

 

全豪オープンでの写真

 

 

 

英語力はアップした?

帰国直前にオーストラリアでTOEIC受験をしました。

前回・大学生のときに受けたベストスコアよりも250点スコアアップし、700点台を取ることができたので、結果だけ見ると英語力は2年間のワーホリで成果は出たと思います。

アルバイト労働環境は日本語でしたが、日常生活を送るには英語に囲まれていたので、知らないうちに慣れてきたのだと思います。

 

まとめ

日本では経験できない、本当に中身の濃い2年間を過ごすことができたと思います。
大学を卒業した時に、自分は就職せずに新卒を捨てた訳だけど、今振り返ってみると、この決断は間違ってなかったと思う。

ただ一方で未だに日本では新卒神話があり、周りの人から見れば、就職もせずに何をやってるんだ!と言う声もあり、帰国後の就活では毎回のように突っ込まれます。

ただ、日本では絶対に会うことはなかったであろう世界中の人達と知り合うことができたし、日本では絶対できない経験をすることができたし、プラス面ばかりが印象に残っている。

せっかくワーホリに来ても日本人ばかりで集まってもったいない過ごし方をしている人もいれば、積極的にローカルな環境で仕事を探して実際に働いてた日本人も観てきて、
結局は自分の努力次第でワーホリの中身を変えれることができると思いました。

今もし海外に出るか、日本にいるのか迷ってる人がいるのならば、私は間違いなく海外に出ることをおすすめします。

日本は島国で単一民族でどうしても考え方や意見が偏りがちになってしまう。
ただ世界を見渡すと一つの国でいろんな言語が飛び交い、いろんな文化や考えが混じり合い共生しています。

そんな環境で生活していくことが自分の人生をより豊かにしていくと私は思います。

コメント