オーストラリアワーホリ1年目

オーストラリアワーキングホリデー

記念すべき初投稿はオーストラリアでのワーキングホリデーについて。
2年間滞在したので、1年目と2年目の2回の投稿に分けて書こうと思う。

注)私が経験した2010〜2011年当時の情報ですので情報が既に古い可能性があります。

 

オーストラリアワーホリのきっかけ

なぜワーホリをしようと決断したのか、理由について。

大学で皆と同じように就活をしたものの当時(2009〜2010年)日本でやりたい仕事を見つけることができなかったから。 
一生この仕事で食っていこうという覚悟を持てる仕事に出会えませんでした。

では卒業後は自分の興味のあること・やりたいことに打ち込もうと方針転換し、就活はスパッとやめました。
そんな中で自分のやりたかったことは、英語に興味が有り、海外に住んで様々な文化に触れて英語力も磨きたいということでした。

そして海外に滞在できる手段の一つとして「ワーキングホリデー」という制度を知りました。

 

なぜオーストラリア

オーストラリアに決めた理由は、小学生の時に家族旅行で一度オーストラリアに行ったことがあり、他の英語圏の国よりかは少し勝手が分かっていたことと、日本と時差が少ない(夏時間で2時間)こと、通常1年間のワーホリ期間でオーストラリアではある一定の条件を満たすと2年間まで延長できたから。
これらが主な理由です。

 

語学学校

2010年3月に大学を卒業し、オーストラリアに渡って最初にしたことは、メルボルンで語学学校に通ったことです。
まずは日常生活に欠かせない英語力を磨こうと考えました。

トータルで4ヶ月間通い、最初は本当に何も喋れずに学校に馴染むことができませんでしたが、毎日の授業に必死に食らいつき、各国からやってきたクラスメートと公私混同で交流していく中で、徐々に英語力が上がっていきました。

最終的に卒業時には上級クラスで卒業できたくらいまでになりました。

メルボルン生活では、最初はホームステイ、その後市内へ引越、韓国人3人と一緒にシェアハウス生活を経験しました。親元を離れて一人暮らしも初めてでましてや海外での生活だったので、一気に経験値が上がった気がしました。

 

海沿いにBBQ設備があり、そこでBBQをするのが楽しみでした!!

 

ファームジョブ

語学学校を卒業した後は、メルボルンからブリスベンへ飛び、さらにブリスベンから電車で約3時間の街、バンダバーグへ移動しました。

なぜこんな辺鄙な街に移動したかというと、オーストラリアではワーホリ1年目の期間に政府指定の地域で88日間以上の季節労働をすると、2年目の申請をすることが可能で、その申請をする為のファームジョブをするために移動しました。

私の場合はバンダバーグ駅前にあるCity Centre Backpackersというところに2010年8月〜2011年2月まで滞在し、ファームジョブに従事しました。

最初はトマトファームに配属され、たくさんのアジア人と共にトマトのメンテナンス作業(成長していくトマトをワイヤーで固定していく作業)を4〜5ヶ月間、その後パイナップルファームとさつまいもファームで収穫作業を各1週間やりました。 

結果的に110日間ファームジョブに従事し、申請要件を満たすことができました!!

最初は朝から晩までの肉体労働に身体が悲鳴を上げていましたが、徐々に身体が慣れてくると歩合制の仕事でもお金を稼げるようになり、各国からの労働者と一緒に働けて、日本では経験することのできない良い経験ができたと思います。

今となっては? 良い思い出と言って良いのか、ウイルス性胃腸炎にも掛かり、海外で初めて病院にも行き、1週間ぶっ倒れてました。

トマトファーム

 

 

パイナップルファーム

 

 

セカンドビザの申請ですが、専用フォームにファームのボスや会社に記入してもらいます。
フォームはイミグレで提出を求められたら提出し、申請自体はネットで行います。
ここらへんの詳しい流れ、方法については、情報が古いとうこともあり、
最新情報をネットで調べて頂くとありがたいです><

以上がオーストラリア1年目に経験した出来事です。
2年目以降については次回の投稿で。

コメント