フロリダへ引越(主に配車サービスについて)

アメリカ生活

 

 

無事にフロリダへ引っ越し完了しましたが、既にいくつかトラブルがあったので、数回に分けて書いておきます。

 

 

 

飛行機遅延

 

6日(日)

フロリダへの移動当日、ニューヨークのスチュワート空港で早速トラブル。

 

前回フロリダへ移動したときと全く同じ便を利用しましたが、

家を出る前に2時間遅延のメールがジェットブルーから送られてきました。

 

そのメールには一応オリジナルの出発時間に間に合うように空港に来てねと書いてあったので、

早めに空港に行きましたが状態は変わらず2時間遅延のまま。

 

 

 

それどころか遅延はさらに伸び、結局約4時間の遅延でニューヨークを出発しました。

 

出発までの間、搭乗ゲート前では無料のドリンク・スナックサービスがお詫びとして提供され、

更に1年間有効の$75割引券がもらえました(この割引は次回NYに行くときに利用しようと思います。)

 

遅延のせいでオーランド19:30 到着のはずが 22:30到着になってしまいました。

 

Lyft利用

せっかく空港からの無料シャトルバス付きのホテルを予約しましたが、

23:00までのシャトルサービスということでバスに乗れず、

空港からホテルまでは初めて「Lyft」を利用しました。

 

 

 

ホテルまでは空港から10分の距離で、アプリ上に提示された料金は$14 + チップ。

ドライバーは親切・ フレンドリーな 女性でした。

赤ちゃん連れでも嫌な顔されず 、ベビーカー 、カーシート持ち込みでも 全然問題ありませんでした。

 

Uberも一緒に登録しましたが、以下のサイトを参考にさせて頂き、

 

Uberはドライバー次第で赤ちゃん連れの乗車拒否を喰らう可能性もあるとのこと、

一方Lyftの場合は明確にCar Seatを持参すれば乗車可能である旨規定があるとのことで、

Lyftを選択しました。

しかもUberもLyftも料金は同じです。

 

https://offshorehummingbird.hatenablog.com/entry/2018/05/30/150224

 

 

ということでLyftで無事にホテルまで到着することができました。

下車後、時間がある時にドライバーの評価をアプリで行って 、一連の流れは終了になります。

 

感想としては、

 

・タクシーと違い アプリで気軽に手配可能

・配車から待ち時間数分で (空港から乗車したからというのもあるかもしれませんが)

乗車から目的地までの移動 ・下車まで  とてもスムーズ

 

・支払いはアプリで登録しているクレジットカードから決済
(チップもクレジットでの決済可能)

・タクシーを捕まえるよりも全然楽で安い

・目的地を途中で変更しない限り 事前に料金がわかるのが嬉しい

 

 

こんな感じでしょうか。

 

翌日と合わせ、2回利用しましたがどちらも不満は無く良い移動ができました。

2回しか利用していませんがドライバーは2人共評価がかなり良いドライバーでした。

 

赤ちゃん連れでの配車サービス利用はLyftをおすすめします!!!!

 

 

次回は、新居へ入居後のアクシデントについて書きます。

 

 

 

コメント