NBA 2019-20シーズン オーランド・マジック 中間総括

オーランド

 

 

NHLに少し遅れてNBAもオールスターブレイクに入ったので、

私が応援しているオーランド・マジックのシーズンここまでの総括をしていきたいと思います。

 

 

昨シーズンは久しぶりにプレーオフ進出を果たし、

上々なシーズンを送ったマジックですが、

オフの選手入れ替えは最小限に留まった印象です。

 

 

主力でFAだった

ニコラ・ブーチェビッチ

テレンス・ロス
 

が残留し、

 

 

昨シーズンは怪我で途中から欠場した

2018年ドラフト1位 モハメッド・バンバ

 

故障中のまま76ersよりトレードで加入し結局復帰できなかった、
かつてのドラフト全体1位指名

 マーケル・フルツ

がロースターに復帰し、

 

 

 

昨シーズン終盤に10日契約で加入した 2014年の新人王 

マイケル・カーター=ウィリアムス 

も残留し、

 

 

 

結果的に昨シーズンより少しだけ全体の層が厚くなり、戦力が上積みされた印象でしたが、

必ず主力に故障欠場があり、なかなか全員が揃わない中でリズムに乗れないのか、

 

 

 

 

55試合 24勝31敗  と負けが先行しています。

 

 

 

両カンファレンス上位には力負けし、同順位か下位には勝っているというまさに中位の状況です。

上位に勝つには駒不足な感は否めません。

主力の故障者の中では今シーズンシュートブロックで存在感を増してきた

 

アイザック

の長期離脱が特に痛手です。

守備に関しては昨シーズンと変わらずまずまずな出来ですが、攻撃が落ちた感じがします。

 

 

フォーニエ

の得点力が例年より少し上がっている印象があるのと、

マーケル・フルツがマジックに加入し、

怪我から復活したことで輝きを取り戻し伸び伸びとプレーしている印象です。

フルツは既にチームに欠かせない戦力になりました。

 

 

ロス、バンバ、カーター・ウイリアムスはベンチメンバーとしてチームに欠かせない活躍をしています。

 

 

ただし、

チーム全体の課題としてシュート精度とフリースローが課題です。

これがとにかく入らない・・・・

フリースローは1試合に尽き10~15点くらい損してるんじゃないかというくらい外しまくりです。

 

後半戦は、昨シーズンのように巻き返してもらい

最終的にプレーオフ進出を目指してほしいです

とにかくシュート精度を上げてもらいたいです。

 

 

 

 

今年はトレード補強無いのかな!?と思われたマジックでしたが、

期限間際にマジックと76ersの間でトレードが成立。

 

 

76ersにはマジックの2020年ドラフト2巡目を渡し、

76ersからマジックには

ジェームズ・エニス

という選手が加入しました。

 

 

 

チームを転々としており正直どういうプレーヤーなのでしょうか。

オールスター明けて実際のプレーを数試合観るまではなんとも言えません。

ベンチメンバーの更なる充実が目的だった気がします。

 

 

ただ、プレーオフに進出したとしても勝ち上がるには厳しいと思います。

現有戦力の成長に期待してるのでしょうか。

まだまだチームが成長段階でプレーオフ逃すのもしょうがないと考えているのか・・・・

上位チームと比べるととにかく個々の選手のレベルが低いです><

 

 

なんだかもどかしいです。

ただ、オーランドにプロのチームがあり応援できる環境があるだけでも感謝です。

マジックの残り試合最後の1試合まで楽しませてくれることを期待です!!

 

 

 

 

コメント