NFL タンパベイ・バッカニアーズ 2019シーズン総括

スポーツ

 

 

 

2019年のNFLシーズンは カンザスシティ・チーフス  の

50年ぶりのスーパーボウル制覇で幕を閉じましたが、

 

 

ここでは、私の応援する タンパベイ・バッカニアーズ の

2019シーズンについて総括したいと思います。

 

 

 

結果から言いますと、

7勝9敗 地区3位 に終わり、

 

3年連続シーズン負け越し で終了しました。

 

 

これで12年連続プレーオフも逃しており、

またもや寂しいシーズンとなってしまいました。

 

 

今シーズンから

カージナルスを5シーズン率いたことでも有名な

ブルース・アリエンス 

をヘッドコーチに迎え、

 

 

シーズン途中には4連勝を達成したり、

ルーキーたちが期待以上の活躍で楽しませてもらった部分もあります。

 

 

ただ今シーズンのバッカニアーズは良くも悪くも

QB ウインストン

左右されたシーズンになりました。

彼のおかげで勝てた試合もあれば、

彼のせいで取りこぼした試合もそれ以上に多かったです。

 

事実、今シーズンリーグ全体で最もパス攻撃を成功させたQBにも関わらず、

常にビッグプレーを狙っているからなのか、

パスがインターセプトされた回数も圧倒的なリーグワーストを記録しました。

 

 

オフにFAとなり、来シーズンは彼との契約をどうするのか

フロントの判断が重要になっていきます。

代わりのQBが簡単に見つかるはずは無いですが、彼と心中するのもどうかなというのが正直なところです。

かと言ってドラフトで優秀なQBを穫れる保証も無いので本当に難しいです。

 

また、WR エバンス

グッドウィンの活躍も大きく、

怪我なくシーズン通してプレイできていれば、チームももう少し勝てた試合があったかもしれません。

シーズン終盤に彼らが離脱したのが大きかったです

 

幸いこの2名との契約は来季も残っているのは嬉しいニュースです!!

 

 

2020年シーズンは2シーズン目のアリエンスの戦術が更に浸透し、

戦力の整備に力を入れて今度こそシーズン勝ち越しと久しぶりにプレーオフ進出目指してもらいたいです!!

 

2020ドラフトでは14番目の1巡目指名権を確保ということで、選択を上手くすれば良い選手を穫れるのではと思います。

 

 

バッカニアーズは攻撃はリーグ全体3位の好成績を収めたにも関わらず、

守備は 全体15位 とイマイチだったので、

今オフは守備の整備が課題でしょうか。

 

 

2020年の対戦相手のうち強敵は、

セインツ2回

パッカーズ、バイキングス、チーフスとは1回ずつで

あとは同レベルか下位との対戦のみということで比較的対戦しやすい組み合わせに恵まれた感はあります。

 

 

まずは同地区のセインツの牙城をどう崩すかですが・・・。

 

 

次回はドラフト終了後やシーズン開幕前に展望を書けたらと思います。

 

 

 

関連記事

 

 

 

アメリカの4大プロスポーツについて

 

 

NBA 2019-20シーズン オーランド・マジック 中間総括

 

 

タンパベイ・レイズの紹介

 

 

MLB2020年シーズン タンパベイ・レイズ展望

 

 

NHL2019−20シーズン折り返し総括(タンパベイ・ライトニングメインで)

 

 

MLS(メジャーリーグサッカー)2020年シーズン展望

 

 

 

コメント