MLS(メジャーリーグサッカー)2020年シーズン展望

スポーツ

 

 

25年目を迎えるMLS(メジャーリーグサッカー)の開幕が数日後に迫り、

今年2020年のMLSの展望と、

更に私が応援する  オーランド・シティSC  の2020年も展望してみたいと思います!!

 

 

 

25年目を迎える2020年のMLS展望

 

 

昨シーズンは シアトル・サウンダース の優勝で幕を閉じました。

今シーズンは昨年まで LAギャラクシー に所属していた、 

ズラタン・イブラヒモビッチ がヨーロッパへ移籍したことで世界的なプレーヤーもいなくなり、

抜きん出たチームも居ないため、

どこが優勝するのか読みにくいです。

 

 

 

そんな25年目を迎えるMLSのトピックとしては、

今年から新チームが 2チーム 加わりました。

 

① インテルマイアミ

 

ベッカムがオーナーであり(共同オーナーでソフトバンクの孫正義も)、

同じフロリダがホームで私が応援しているオーランド・シティSCのライバルになるであろうチームです。

新規参入ということで厳しい戦いを強いられると思いますが、

どこまでやれるのか注目です。 

 

 

 

② ナッシュビルSC

 

 

この2チームを加えた 全26チームで優勝を争っていきます。

 

 

 

 

2つ目のトピックとして、

昨シーズンまでは全チームとの対戦が最低1回は組まれてましたが、

今シーズンから所属するカンファレンスとは別カンファレンスのチームのうち

数チームとはレギュラーシーズンでの対戦はなくなりました。

 

例としてオーランドはイースタンカンファレンスに所属し、

ウエスタンカンファレンスの ロサンゼルスFC、シアトル、サンノゼとは

レギュラーシーズンで対戦しません。

 

 

 

 

各カンファレンスの展望

ウエスタンカンファレンスは優勝したシアトル、ロサンゼルスFCを中心に進んでいくものと思われます。

イースタンカンファレンスは、

強力なストライカーのいるアトランタユナイテッド、ニューヨーク・シティFC、フィラデルフィアユニオン、

トロントFC、あたりを中心に進んでいくのではないでしょうか。

 

更に個人的には 

久保裕也  選手が加入した   FCシンシナティ  にも注目です!!

 

 

 

昨シーズンのオーランド・シティSC

 

 

昨シーズン(2019年シーズン)は、

元ポルトガル代表で主にマンチェスター・ユナイテッドで活躍した

ナニ が新加入としてチームに加わりました。

 

チームトップ12得点を上げて引っ張りましたが、

ほとんどの試合で先制点を取られて後手後手な試合展開というのもあり、チームは低迷し、

 

9勝15敗10分 勝点37 という成績でした。

 

 

前年の勝点28は上回りました過去2番目に悪い成績で終了しました。

 

 

 

 

 

 

オフシーズンの動き

 

 

シーズン終了後には監督が成績不振ということで解任されました。

 

選手は 10人が退団し、

新加入選手は 9人 加入し、

 

入れ替えの多いオフだったと思います。

 

今シーズンの新監督はコロンビア人の オスカル・パレハ 

 

MLSでは過去2チームで、計6シーズン指揮し、通算成績は 123勝89敗 と

勝ち越しておりMLSの事情がわかっているのと、勝ちをチームに植え付けられるという意味で良い人選だと思います。

 

 

また、監督が南米の人ということもあってか、

新加入選手も南米色の濃い契約になりました。

 

 

懸念だったDFの補強は

ペルー人のGK

ブラジル人DF2名、アルゼンチン人DF1名ということで

南米の力で克服していきたいというところでしょうか。

 

 

 

 

今シーズンの展望

 

 

今シーズンは、まず失点しない・粘り強く戦うことを心掛けてもらいたいです。

 

守備では新加入の南米人DF達の活躍に期待し、

攻撃は昨シーズンある程度機能してたので、今シーズンも継続できたらいいです。

 

 

ナニ を中心に、

カナダ代表で昨シーズンキャリアハイの10ゴールをマークした

テショ・アキンデーレ

 

得点源の一人

ドム・ドワイヤー

 

ロシアリーグで7シーズンプレーし、

昨シーズン終盤に加入したウルグアイ人の   マウリシオ・ペレイラ

が今シーズンはチーム始動からチームに馴染んだ事で上記3人をいかに操り、

攻撃のアクセントを付けられるか注目です。

 

 

プレーオフに進出し、チャンピオンになれれば一番嬉しいですが、

過去一度もシーズン勝ち越しをしたことがないチームなので

 

 

現実的な目標として、まずはシーズン勝ち越しを最低目標とし、

その結果プレーオフにも進出できれば上出来なシーズンではないでしょうか。

 

 

 

 

 

まとめ

 

もうすぐ開幕するMLS(メジャーリーグサッカー)の2020シーズン楽しみです!!

 

久保選手はMLSでどこまで活躍できるのか!?

オーランドとインテルマイアミのライバル関係は!?

どのチームが上位に食い込んでくるのか!?

注目ですね!!

 

次回のMLS、オーランド・シティSC関連の記事は、

シーズンの折り返し地点になったところで、中間総括をしてみたいと思います。

 

 

 

関連記事

 

 

 

アメリカの4大プロスポーツについて

 

 

NFL タンパベイ・バッカニアーズ 2019シーズン総括

 

 

NBA 2019-20シーズン オーランド・マジック 中間総括

 

 

タンパベイ・レイズの紹介

 

 

MLB2020年シーズン タンパベイ・レイズ展望

 

 

NHL2019−20シーズン折り返し総括(タンパベイ・ライトニングメインで)

 

 

 

 

 

コメント