NBA オーランド・マジック 2019-20シーズン総括

スポーツ

 

新型コロナの影響で変則的なシーズンとなった2019−20シーズンは

ロサンゼルス・レイカーズ   10年ぶり17回目 の優勝で幕を閉じました。

 

 

 

そこで私の応援する オーランド・マジック を中心に2019−20シーズンの

総括をしたいと思います。

 

 

 

 

 

レギュラーシーズン成績

 

 

 

レギュラーシーズンは

新型コロナウイルスの影響でシーズンが中断し、

最終的にはNBAバブルを形成し、

 

 

 

プレーオフ当落線上・プレーオフ進出確定チームを

フロリダ州 ウォルトディズニーワールド 内のスポーツ施設

ESPNワイド・ワールド・オブ・スポーツ・コンプレックス に集めて

完全隔離状態でシーズンを終える方向になりました。

 

 

 

マジックもプレーオフ当落線上チームとしてバブルに入り

プレーオフ進出決定チームを決めるためにレギュラーシーズン7試合を行いました。

 

 

 

レギュラーシーズンの最終結果は

 

33勝40敗 と負け越したものの

地区2位、イースタンカンファレンス8位で

プレーオフ進出を決めました。

 

 

 

 

 

プレーオフ

 

 

オーランド・マジックはイースタンカンファレンス8位ということで 

 

プレーオフ1回戦の相手はイースタン首位で アデトクンボ 擁する

 

ミルウォーキー・バックス との対戦で

厳しいシリーズになると予想できましたが

 

 

 

結果は

第1戦に勝利したものの4連敗を喫し

1勝4敗 であっけなく敗退が決まってしまいました。

 

 

 

やはり第8シードのマジックと

バックスの差は大きすぎましたね😅

 

 

 

 

 

 

 

来シーズンの展望

 

 

プレーオフに2年連続で進出をしてある程度のチーム力は付いてきましたが

更にその先へ勝ち上がるための力はまだありません。

 

 

 

上位のチームと比べるとまだまだ個の力が弱いです。

シュート精度が悪い、特にフリースロー成功率も悪いので

これだと上位チームには勝てないですね。

 

 

プレーオフ期間中に アイザック が再負傷してしまいましたが、

この怪我がどれだけ長引くのか気掛かりです。

観た感じ今回の怪我も長引いてしまいそうです。

 

 

 

 

今オフは6名がFAとなりましたが

 

この中では

DJ・オーガスティン

マイケル・カーター・ウイリアムス

とは再契約したいところでしょうか。

 

 

 

ドラフト戦略、外部からの補強など

オフシーズンどのように動くか楽しみです。

 

 

来シーズンは更なる個々のレベルアップと

外部からの補強で、

プレーオフ進出とプレーオフを勝ち上がっていくことを目標にしてほしいです。

 

 

 

 

 

関連記事

 

 

 

アメリカの4大プロスポーツについて

 

 

ブレイディ加入 タンパベイ・バッカニアーズ2020 NFLシーズン展望

 

 

MLB タンパベイ・レイズ 2020年シーズン総括

 

 

NHL タンパベイ・ライトニング 2019-20シーズン総括

 

 

MLS(メジャーリーグサッカー)2020年シーズン展望

 

 

 

コメント