NFL タンパベイ・バッカニアーズ 2020シーズン総括

スポーツ

 

 

タンパベイ・バッカニアーズの

18季ぶり2回目 のスーパーボウル優勝で幕を閉じた2020シーズンですが

 

 

第55回スーパーボウル に進出し

充実のシーズンを送った私の応援するタンパベイ・バッカニアーズを中心に

振り返ってみたいと思います。

 

 

 

 

レギュラーシーズン

 

 

レギュラーシーズンの最終成績は 11勝5敗

 

4シーズンぶりのレギュラーシーズン勝ち越し

更に2桁勝利は10シーズンぶり

そしてプレーオフは13年ぶりに進出となりました!!

 

これはまさにブレイディ効果ですね!!

QBがウインストンからブレイディに変わったことで

普通に安定した成績を残すことができました笑

 

 

 

地区最大のライバル セインツ に2敗したのが痛く

地区優勝は逃してしまいましたが

連敗は一度のみ、

3連勝2回、終盤は4連勝で締めて

上出来なシーズンだったと思います。

 

 

 

 

 

活躍が目立った選手

 

 

 

ブレイディ

普通に素晴らしい成績を残してくれました!!

やはり生ける伝説ですね

 

 

 

 

RB

ロナルド・ジョーンズ  3年目 

ラン攻撃が光ってました。

バッカニアーズ攻撃陣で一番の存在感を発揮していました。

 

 

フォーネット

バッカニアーズ移籍1年目ですが

コロナ感染で離脱したジョーンズの穴を埋める活躍をしました!!

 

 

 

WR

 

マイク・エバンズ

 

クリス・グッドウィン

 

以上2人は言うまでもなく今シーズンも安定した活躍をしました。

 

 

アントニオ・ブラウン

問題児との契約でリスクを犯した?!なんて言われましたが、

終盤にはチームに完全にフィットし欠かせない戦力となり

攻撃陣が更に強力になりました!!

 

 

 

スコッティ・ミラー

ブレイディと一番相性が良く

ブレイディのお気に入りのようで良いパスが何本も通って

ときおり魅せたビッグキャッチが印象的でした!!

 

 

 

TE

グロンコウスキー

最初のほうはスロースタートな感じでしたが、

シーズン中盤からフィットネスが戻ってきたのか

タッチダウンパスキャッチしたり存在感が出てきました!!

 

 

 

DF陣

 

ジェイソン・ピエーレポール

プロボウルに選出されたDF力が光りました。

 

2年目の デビン・ホワイト

フランチャイズタグの シャキール・バレット の活躍も光り、

守備面も安定していました。

 

 

 

まとめると

ブレイディと今までの戦力が良い感じに融合して実力通りの結果が出たという感じです。

昨年のウインストンと比べるとやはりブレイディは安定していてインターセプトも少なかったです。

 

 

 

 

 

 

プレーオフ

 

 

 

 

13年ぶりに進出のプレーオフは

NFC 第5シード として臨むことになり、

 

 

相手は第4シードで東地区王者の ワシントンフットボールチーム に

決定しました。

 

 

今シーズンのワシントンは東地区王者ではありますが、

東地区全体がとても弱く、ワシントンのシーズン成績は 7勝9敗 と

シーズン勝ち越しすらできてないチームが相手なので是が非でも勝ちたいところで

 

アウエーのワシントンに乗り込んだバッカニアーズの結果は。。。。

 

見事 31–23 で順当な勝利を収めました!!

 

一発勝負のプレーオフなので、内容は改善の余地もありますが

結果を残していくことが重要なので、

次のラウンドに進めたのは良かったです!!

 

ちなみに今回の勝利は、2002年にスーパーボウルを制覇して以来

プレーオフ18年ぶりの勝利 となりました!

 

 

 

 

プレーオフ久しぶりの勝利を挙げたバッカニアーズ

次のディビジョナルプレーオフ(地区シリーズ)の相手は

同地区ライバルの第2シード ニューオーリンズ・セインツ になりました。

 

セインツにはレギュラーシーズンで2敗しており

しかもどちらも完敗だったので

3度目の正直でリベンジを果たしてもらいたいところでしたが、

 

結果は 30-20 で

見事バッカニアーズがレギュラーシーズンのリベンジを果たしました!!🎉

 

常に先行される展開で気持ちが切れてもおかしくはありませんでしたが

守備陣が粘って、相手のターンオーバーを4回も誘発して

自分たちに流れを引き寄せての勝利なので素晴らしい試合だったと思います!!

 

 

 

 

 

スーパーボウル制覇した2002年以来の

NFCチャンピオンシップに駒を進めたバッカニアーズですが、

相手は第1シードの グリーンベイ・パッカーズ になりました。

 

 

パッカーズにはレギュラーシーズンで対戦があり

その時は勝利を収めていたので

今回の対戦も面白い試合になりそうだなとは思いましたが

 

結果は 31-26  で見事バッカニアーズの勝利になりました!!

 

この試合でもディフェンスが光っており、

相手のミスで奪ったチャンスを確実にモノにした試合だったと思います。

 

この結果、

スーパーボウルを制覇した2002年以来

18季ぶり2回目 の NFCカンファレンス王者に輝きました🎉🎉

 

 

 

そして今回のスーパーボウルはタンパでの開催ということで

スーパーボウル史上初

本拠地のチームがスーパーボウルに出場という

偉業も達成しました!!🎉

 

 

 

そのスーパーボウルですが

対戦相手は昨シーズンの王者

カンザスシティー・チーフス です。

 

 

相手QBは若手のパトリック・マホームズ対

バッカニアーズは伝説のベテランQB ブレイディという

新旧の対決が見れるということで

最高峰の舞台にはもってこいの組み合わせになったと思います。

 

 

 

両者はレギュラーシーズンで対戦しており

3点差でバッカニアーズが負けました。

 

 

この3点差は健闘してたほうだと思うので、

今回の対決も面白い試合になりそうだと思いましたが、

 

 

結果は 31-9 で

 

バッカニアーズが文句なしの勝利を収め

 

 

18季ぶり2回目 のチャンピオンに輝きました!!

 

 

スーパーボウル開催地の本拠チームが

スーパーボウルで優勝する 

という歴史的快挙を達成し

その瞬間を目撃できて本当に幸せでした!!

 

 

 

 

大舞台での勝因はブレイディに注目されがちですが、

一番の勝因はマホームズを完璧に抑えたDF陣だと思います!!

 

ブレイディであればあれくらい普通のプレーだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ・課題・来季の展望

 

 

攻撃は文句なしと言った感じです。

守備陣で強力なのがもう1・2枚ほしいところで

さらなる守備の安定を図りたいです。

 

 

ブレイディのプレーオフでの安定感はさすがで、

場慣れしている感じでかなり落ち着いて見てられました。

 

 

ブレイディとの契約はまだ残ってますが、

将来の後継者をどうするのか!?

ドラフトで有望な新人を獲るのか、他チームから補強するのか

将来も見据えて動いてほしいところでもあります。

 

 

シーズンオフには31名がFAとなりますが、

その中では

 

シャキール・バレット

 

フォーネット

 

クリス・グッドウィン

 

との契約はなんとかまとめたいところです。

 

 

 

ブレイディの相棒グロンコフスキーもFAになりますが、

スーパーボウル後のインタビューで

来年も戻ってくる旨の発言をし、

ブレイディ以外とは組まないとも以前から発言しており、

来年もバッカニアーズでプレーする確率が高いのではと思います。

 

 

 

その他の補強やドラフトも気になるところで、

来シーズンのバッカニアーズも楽しみです!!

 

 

 

 

しかしまぁ、

NHLのライトニングはスタンレーカップ優勝

MLBレイズはワールドシリーズ進出

今回バッカニアーズも優勝とタンパのチームの躍進は凄い!

 

 

こんなにも応援してるチームが優勝争いの場面に登場して僕は幸せ者です!!

オーランド勢のNBAマジックとMLSのオーランドシティSCにも頑張ってもらいたいです!!

 

 

 

 

 

 

関連リンク

 

 

アメリカの4大プロスポーツについて

 

 

NBA オーランド・マジック 20-21シーズン展望

 

 

MLB タンパベイ・レイズ 2020年シーズン総括

 

 

NHL タンパベイ・ライトニング 2020-21シーズン展望

 

 

MLS オーランド・シティSC 2020年シーズン総括

 

 

 

コメント