トロピカーナ・フィールドについて

スポーツ

 

 

筒香選手がレイズに移籍したことで、

観戦場所になる トロピカーナフィールド について

興味のある方もいるかと思います。

 

 

そこで、トロピカーナフィールドについて

行き方など簡単にまとめてみました。

 

 

 

タンパベイ・レイズの紹介

 

2020年シーズン展望

 

 

 

現地観戦を数試合予定しておりますので、

実際に現地で気づいたこと・感じたことを

追記していく予定です。

 

 

 

 

特徴

 

 

トロピカーナフィールドはメジャーでは珍しい

ドーム型・人工芝 の球場になります。

 

フロリダの天気の特徴として、6月頃から9月くらいまで雨季になり、

雨が降る日がたくさんあります。

 

ただでさえ過密日程なメジャーリーグのスケジュールなのに

雨で試合中止が増えるのを避けるために

対応できるドーム球場にしたという背景があります。

 

雨で濡れる心配が無い代わりにメジャーの醍醐味である

天然芝で臨場感溢れる野球を観戦する雰囲気は損なわれてしまいます。

 

選手・観客にとってはあまり良い球場とは正直言えません・・・・

 

 

球場に魅力が無いのもあってか、近年良い成績を収めているレイズですが

地元から愛される人気球団ではなく 常にガラガラ・空席が目立ってしまいます。

 

 

唯一ヤンキース・レッドソックスとの試合時にはたくさんのお客さんで賑わいます。

逆にそれ以外の試合は当日でも余裕でチケットが取れてしまいます

 

 

 

レイズは球界でも常に革新的な野球をすることで有名ですが、

野球だけでなく球場も先進的な取組を始めました。

 

球場内完全キャッシュレス化 です

 

詳細は コチラ

 

 

 

それに伴い、球場での 現金払い不可 が原則になりますので、

ご注意ください

 

 

 

 

 

行き方

 

 

トロピカーナ・フィールドまでのアクセスですが、

 

私が予想するパターンとして、

 

①タンパから

②セントピーターズバーグから

③オーランドから

 

トロピカーナフィールドへ向かうパターンがほとんどだと思います。

 

特にオーランドからディズニーワールド等のテーマパーク観光のついで

足を伸ばしてメジャーリーグ観戦が増えるのではないでしょうか。

 

 

結論から言いますと、トロピカーナフィールドは

アクセスが悪い球場です

 

 

フロリダ州全般に言えますが、

カリフォルニアやニューヨークなどの大都市に比べて公共交通機関が発達していないので、

車移動が必須です。

 

トロピカーナフィールドも例外ではなく、球場の周りには駐車場しかないことからも

想像できる通り、公共交通機関が無く車での来場が想定されています。

 

 

観戦の際は

 

自家用車

レンタカー

UberやLyftなどのライドシェアサービス

タクシー

 

の選択肢しかありません。

 

 

 

大体の目安として

 

オーランドからトロピカーナ・フィールドまで車で 約2時間

 

タンパからトロピカーナ・フィールドまで 車で25分

 

タンパからUberやLyftで  片道約$25

 

 

 

試合開始時間は 19時 からが多いです

そして終了は大体 22時前後 なので

試合後にオーランドへ戻る場合日付が変わる可能性が高いです。

 

 

 

 

オススメの席

 

 

チケットの購入方法は別記事にする予定ですが

簡単に調べた感じだと

内野席 特にレイズ側のベンチ付近(1塁側) が良さそうです。

 

 

 

 

筒香選手が加入して、期待通りに活躍することで

たくさんの日本人の方が観戦に訪れて球場が賑わうことになればいいですね!!

 

 

コメント